フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと僧帽弁閉鎖不全

 

僧帽弁閉鎖不全(そうぼうべんへいさふぜんしょう)とは、心臓の左心室と左心房を区切っている僧帽弁が完全に閉鎖できず、血液の逆流が生じて心臓に負荷がかかる病気です。

 

犬がかかる心臓病の中でも一番多いと言われています。

 

僧帽弁は心臓から送り出された血液が心臓に逆流しないようにするため存在しているフタのようなものです。

 

僧帽弁閉鎖不全になってしまうと、僧帽弁が分厚くなってしまいピッタリ閉じることができなくなってしまいます。

 

このため、様々な症状をもたらします。

 

ただし、僧帽弁閉鎖不全症の初期の症状はほとんどないので、飼い主さんが見逃すこともあります。

 

<僧帽弁閉鎖不全症の主な症状>

 

・散歩に行きたがらない
・元気がない
・運動するとすぐに疲れる
・咳をする
・手足先が冷たい
・食欲がない
・痩せてくる
・呼吸困難になる

 

心臓は全身に血液を送るとても大切な役目がありますね。

 

血液の量が十分に全身に行き届かなくなることで、他の臓器や器官にも徐々に影響が出てきます。

 

進行すると肺やお腹に水が溜まってきたり、脳が低酸素状態になり失神したりすることもあります。

 

僧帽弁閉鎖不全の原因ははっきりと解明されていませんが、遺伝が原因になるとも考えられています。

 

チャールズ・スパニエルなど遺伝的に僧帽弁閉鎖不全症になる犬種もいます。

 

僧帽弁閉鎖不全は、小型犬や高齢犬に起こりやすいと言われています。

 

ただし、全ての犬種になるリスクがあるので、フレンチ・ブルドッグを飼っている人も注意が必要ですね。

 

僧帽弁閉鎖不全の発症年齢は8歳くらいですが、早い場合だと6歳ほどで発症することもあり、10歳頃が発症のピークになると言われています。

 

早期に発見すれば軽症で済むことが多いと言われています。

 

僧帽弁閉鎖不全の治療法は症状や犬の年齢などによって違ってきます。

 

初期段階だと血管拡張剤などの薬を使って症状を緩和させたり、進行を遅らせます。

 

進行して肺やお腹などに水が溜まっていると、利尿剤を併用することもあります。

 

僧帽弁閉鎖不全の治療は可能ですが、完治させることができません。

 

悪くなってしまった僧帽弁を薬で元の状態に戻すことはできません。

 

愛犬が僧帽弁閉鎖不全を発症すると、飼い主さんは一生治療やケアを続ける必要があります。

 

飼い主さんが出来るケアとしては、食事管理や体温管理、運動制限などがあります。

 

僧帽弁閉鎖不全症の余命は、症状により個体差があるので、はっきりしたことが言えません。

 

早期に発見できれば薬を投与したり、生活環境を整えることで、余命を延ばすことが出来ます。

 

ただし、症状が進んでいたり、老犬の場合は他の臓器が機能しなくなり死亡することもあります。

 

僧帽弁閉鎖不全は原因不明の病気のため、具体的な予防法はありません。

 

飼い主さんが定期的な健康診断をしっかり行って、早期に発見、治療が出来るようにしておくことが大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!