フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと肥大性心筋症

 

肥大性心筋症とは心臓の筋肉が肥大する心臓病になります。

 

心臓は右心室と左心室に分かれてますが、左心室が肥大してしまうので、心臓の動きがスムーズではなくなってしまう病気です。

 

心臓がスムーズに動いていないので、新鮮な血液を全身に送り届けることができなくなってしまい、体のあちこちに支障が出てしまいます。

 

肥大性心筋症を見つけることはとても難しく、死亡した後に肥大性心筋症だったことが分かることも珍しくありません。

 

肥大性心筋症の主な症状は、呼吸困難、疲れやすい、むくみ、食欲低下、 腹水、咳などになります。

 

ただし、初期の段階だと無症状の場合もあるので、飼い主さんも気づかないことがあります。

 

血液の流れが悪くなることで、後ろ足にある動脈に「血栓(血の塊)」が詰まると、下半身麻痺が起こることもあります。

 

また、不整脈によって突然死してしまう事もあるとても怖い病気です。

 

見た目には健康そうに見ていても、突然呼吸困難になったり、麻痺が出たりすることもあります。

 

肥大性心筋症の詳しい原因は、はっきりとしていません。

 

肥大性心筋症の治療は、心室を広げるための薬や心臓肥大を抑えるための薬を服用します。

 

肺水腫を起こしている場合は、利尿剤を服用して肺の水分を尿として体外に排出する治療を行います。

 

血栓が出来ている時は血栓を溶かす薬を服用することもあります。

 

症状によっても治療法が違うので、症状に合った治療が行われます。

 

肥大性心筋症は進行性の病気なので、完治はほとんど期待できません。

 

精密検査をしない限り、肥大性心筋症を見つけるのは難しくなります。

 

定期的な健康診断をすることで、飼い主さんでは気づかない心臓の音などで、発見出来る可能性もあります。

 

健康診断をする際にはレントゲン撮影や心電図検査も行いましょう。

 

肥大性心筋症は、ジャーマンシェパードなどの大型犬に多いと言われていますが、どの犬種でもかかる可能性があります。

 

愛犬の健康のためにも、定期的な健康診断を習慣にしておくといいですね。

 

ワンちゃんのお誕生日や、何かの記念日などわかりやすい日に健康診断をするのがオススメです。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!