フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと拡張性心筋症

 

心臓は心筋と呼ばれる筋肉で動いています。

 

拡張性心筋症は、心筋が正常に働かなくなってしまうので、全身に血液を送ることができなくなってしまう病気です。

 

拡張性心筋症は症状が進行してから出ないと、目立った症状が出ません。

 

進行すると咳や呼吸困難、元気がない、肺水腫、お腹が膨れるなどの症状が出ることもあります。

 

酷い場合には意識を失ったり、突然死してしまう事もある怖い病気です。

 

拡張性心筋症は大型犬に多く、成犬になると発症すると言われています。

 

また、メス犬よりもオス犬に発症しやすいと言われています。

 

フレンチ・ブルドッグも拡張性心筋症になるリスクはゼロではないので、注意が必要です。

 

今のところ拡張性心筋症のはっきりとした原因は解明されていませんが、高齢犬に多いことから、加齢が原因であるとも言われています。

 

拡張性心筋症の治療法としては、利尿剤を使ったり、血管拡張剤など症状に合わせて薬を投与していきます。

 

拡張性心筋症は症状が出た時には、かなり進行しているので、治療も可能ですが症状の緩和程度しかなく、完治することはできません。

 

また、根本的な治療法は確立されていません。

 

原因が不明なので予防法もなく、とても難しい病気であると言えるでしょう。

 

愛犬の健康のためにも、定期的な健康診断をするのが一番いいでしょう。

 

犬も人間と同じように、年を取れば色んな病気になる可能性も高くなってきますので、定期的な健康診断を習慣にしておくといいですね。

 

健康診断の時に心臓の検査もしてもらいましょう。

 

私は忘れないように、1年に1回の予防接種やワクチンの時に健康診断をするようにしています。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!