フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと肺動脈狭窄症

 

肺動脈狭窄症とは、肺動脈弁とその周囲が狭くなってしまう病気です。

 

正常な場合、右心室から肺へ血液が流れます。

 

しかし、血液の通り道でどこかに狭窄部分があると、血液の流れが悪くなり心臓へ負担が生じるようになります。

 

肺動脈狭窄症の厄介なところは、初期や軽い場合には、症状が出ないため飼い主さんが気付くことができないところでしょう。

 

唯一の症状としては、疲れやすいため運動を嫌がるといったくらいでしょうか。

 

でも、フレンチ・ブルドッグは元々それほど運動は必要じゃないために、ますます気づきにくくなってしまいます。

 

症状が出た時には、かなり進行しているので呼吸困難になったり、心不全や失神を起こすこともあります。

 

肺動脈狭窄症の原因は、主に先天性(遺伝)によるものです。

 

肺動脈狭窄症の犬は繁殖に向いていませんので、しっかりと病気について調べることが大切です。

 

肺動脈狭窄症は症状が出にくいので、予防も難しくなります。

 

心臓の音に雑音が混ざり、肺動脈狭窄症と気づくこともあるそうなので、定期的な健康診断をしておく事も大切ですね。

 

肺動脈狭窄症の治療法は、症状によって違ってきます。

 

軽度であればACE阻害薬、β遮断薬、スピロノラクトンなどの内科療法が行われます。

 

症状が酷い場合には、カテーテルで狭くなっている部分を広げる手術をすることもあります。

 

発見が早ければ、それだけ早く治療も開始できますね。

 

まさに早期発見、早期治療が大切になるという事です。

 

定期的な健康診断をすることで、肺動脈狭窄症だけでなく他の病気の予防にもなりますね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!