フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと膀胱結石

 

膀胱結石とは膀胱や尿道に結石と呼ばれる石が詰まり、尿が出にくくなる病気です。

 

膀胱結石の主な原因は、食事や遺伝、年齢、膀胱炎などの感染症になります。

 

タンパク質、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルの高い食事は膀胱結石が作られやすくリます。

 

偏った食事は尿がアルカリ性や酸性になって、結石のリスクが高まります。

 

詳しい理由は分かっていませんが、遺伝的に小型犬は膀胱結石になりやすいと言われています。

 

高齢犬は膀胱結石の発症するリスクが高くなります。

 

フレンチ・ブルドッグは体質的に膀胱結石になりやすいと言われています。

 

小さい結石がたくさん出来ることもあれば、大きい結石ができ手術でなければ取り出せないほどの大きさになることもあります。

 

おしっこをする時に血が混じっていたり、結石が尿道をふさぎおしっこの出が悪くなったり、1回の量が極端に少なくなっていたら、膀胱結石を疑うといいかもしれませんね。

 

おしっこの臭いが臭くなるのも症状の一つなので、臭いがいつもと違う時にも注意が必要です。

 

膀胱結石の治療法は、結石の大きさや数、成分、位置によって異なってきます。

 

内科的療法には、抗生剤、止血剤、結石を溶かす薬、療法食、点滴などがあります。

 

結石が小さい場合には、処方食などで石を溶かすことも可能な場合があります。

 

細菌感染している場合には、抗生物質の投与で膀胱炎の治療も行います。

 

大きい結石の場合には、内科的治療では限界があるので、外科的手術を行い結石を取り出します。

 

人間と同じように、一度膀胱炎になってしまうと再発もしやすいので、膀胱炎にさせないように注意しておくことも大切です。

 

膀胱結石の予防法は、食事の見直しやサプリメントなどがあります。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!