フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと尿石症

 

尿石症とは腎臓・尿管・膀胱・尿道などに結石ができる病気です。

 

尿石症は、尿道結石とも言われています。

 

人間にも尿石症があり、症状や原因もほぼ同じになります。

 

尿石症の症状は、血尿、頻尿、食欲低下などになります。

 

尿石症になると痛みが出るので、おしっこをする時に背中を曲げてすることがあります。

 

膀胱内で結石ができると尿道の方に流れてきます。

 

石の大きさも個体差がありますが、大きい場合には尿道に詰まってしまい、尿が出にくくなってきます。

 

尿の排泄がスムーズに行われないと、尿毒症を起こす可能性もあるので、おしっこの出が悪かったり、尿に血が混ざっているのを見つけた時には、すぐに動物病院で検査をしてもらいましょう。

 

尿石症は飼い主さんでも気づくことが出来る病気ですので、異変を見逃さないようにしましょう。

 

尿石症の原因は、主に食べ物や体質といっていいかもしれませんね。

 

結石は、食事から摂取したマグネシウム等のミネラルが結晶化することで作られます。

 

バランスの悪い食事をしていると結石ができやすくなります。

 

また、水を飲む量が少ないと結晶の濃度が高まり、結石を作りやすくなります。

 

お留守番の時間が長くてトイレを長時間我慢させるようなこともないようにしましょう。

 

膀胱炎になり細菌感染することでも尿石症になることがあるので、膀胱炎になりやすい子も注意が必要ですね。

 

ヨークシャー・テリアやシー・ズーなど遺伝的に尿石ができやすい犬種もいます。

 

フレンチ・ブルドッグは尿石症になりやすい体質にあるので、注意しましょう。

 

メス犬はオス犬よりも尿道が長いので、尿石症を発症することが多いと言われています。

 

尿石症の治療は、症状が軽い場合は内服薬や食事療法が行われます。

 

結石が大きな場合には、外科的手術で結石を取り除くこともあります。

 

結石ができやすい体質の子は、結石をできにくくしたり、出来てしまった結石を溶かす処方食もあるので、そういうものに切り替えていく方がいい場合もあります。

 

尿石症は治療で完治しますが、再発しやすい傾向にあります。

 

尿石症になりやすい体質の子は、食事の内容なども考えてあげるようにしましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!