フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと歯肉炎

 

歯肉炎は、基本的には人間と同じ病気です。

 

歯茎が赤く腫れ、硬いものを噛んだ時に歯茎から出血したりします。

 

進行すると歯槽膿漏になり、口臭も酷くなりますし、歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯肉炎の予防は、人間と同じように歯磨きです。

 

しかし、犬は食事の後、自分で歯を磨くことができませんよね。

 

また、フレンチ・ブルドッグはアンダーショットの場合が多く、硬いドッグフードを上手に噛み砕くことができないので、やわらかくして食べさせたり、缶詰を食べさせることが多くなります。

 

柔らかい食べ物は、食べカスが歯に付きやすいので、ドッグフードを柔らかくして食べさせている場合や、缶詰を食べさせているのなら特に注意しておきたいですね。

 

歯磨きは仔犬の頃から習慣づけることが大切です。

 

成犬になってから歯磨きをしようとしても無理があるので、仔犬の頃から歯磨きの習慣をつけておきましょう。

 

すでに成犬になっている場合や、どうしても歯磨きができない場合には、歯磨き効果のあるガムや、おもちゃを与えるのも効果的です。

 

食べカスがたまり、歯垢から歯石になってしまうと歯ブラシやガムでは取り除くことができません。

 

歯石が付くと歯肉炎から歯槽膿漏へと進行してしまいます。

 

歯石は除去することができますが、全身麻酔をしてスケーリングをしないといけませんので、仔犬や老犬はできません。

 

そのため、日頃から歯磨きをしっかりと行う事が大切です。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!