フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと乳歯遺残

 

乳歯遺残とは、本来成長の段階で、抜け落ち永久歯と生え換わるはずの乳歯が、抜けずに残ってしまう病気です。

 

レントゲンを撮るとすぐにわかりますが、乳歯の下には永久歯が生える準備のためにスタンバイしています。

 

乳歯が抜け、スペースが空いたところに永久歯が生えてくるはずが、乳歯遺残になることで、スペースが足りなくなるので、異常な生え方をします。

 

歯並びが悪くなれば、噛み合わせも悪くなったり、密集している歯と歯の間に食べカスが挟まり、虫歯や歯周病の原因にもなります。

 

乳歯遺残で抜けずに残ってしまう乳歯は、根元の部分が吸収されていないため、グラグラすることなくしっかりと生えています。

 

乳歯遺残とわかった場合には、出来るだけ早く乳歯を抜き、永久歯が正常に生えてくるようにスペースを確保しなければいけません。

 

個体差がありますが、犬の歯が生え換わるのは、だいたい生後3ヶ月から6ヶ月くらいの時期に、ゆっくりと順番に生え換わっていきます。

 

他の歯が生え換わり始めているのに、乳歯がしっかりと残っている場合には、無理に抜こうとしたりしないようにしましょう。

 

乳歯遺残の可能性もあるので、早めに動物病院に連れて行き診察してもらいましょう。

 

早く乳歯が抜けるようにと、成犬用の硬いガムを噛ませる人もいますが、せっかく生えてきた永久歯がかけてしまう事があるので、必ず獣医さんに相談しましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!