フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと変形性脊椎症

 

変形性脊椎症とは、何らかの原因で体を支える脊椎の骨が変形してしまう病気です。

 

脊椎とは頸椎・胸椎・腰椎・尾椎からなる背骨を構成する骨を言います。

 

体の中心をなす骨なので、とても重要です。

 

一般的にダックスフントのように、足が短く胴が長い犬種多いようですが、老犬になればどの犬種でも発症する可能性があります。

 

変形性脊椎症の原因は主に加齢なので、全ての犬種になる可能性のある病気と思っておくといいでしょう。

 

背骨は椎体と呼ばれるパーツが組み合わさってできているのですが、年齢と共に椎体が変形してしまい神経を圧迫するため麻痺などを起こす可能性があります。

 

また、肥満になると背骨の負担がかかるので、変形性脊椎症になることもあります。

 

変形性脊椎症の症状は、初期だと無症状の場合もありますが、進行すると痛みが出る場合もあります。

 

背中や腰を触ると痛がる場合には、変形性脊椎症のサインと思っておくといいかもしれませんね。

 

歩けるものの、痛みがあるためあまり動きたがらなかったり、散歩に行くのを嫌がることもあります。

 

また、歩き方が少しおかしくなったり、神経を圧迫するため麻痺を起し、立ち上がったり、起き上がることができなることがあります。

 

症状によっても治療法が変わりますが、まずは痛みと炎症を抑えるために、消炎剤や鎮痛剤を投与しながら経過を見ます。

 

炎症や痛みが強い場合は、ステロイドの内服薬や注射を併用する場合もあります。

 

症状が酷い場合には、外科的手術をすることもあります。

 

手術で変形している脊椎を金属プレートでつなぎ留め、これ以上の変形や圧迫を抑えます。

 

ただし、高齢のワンちゃんの場合は体への負担が大きいので、手術よりも内科的療法が選ばれるケースが多いですね。

 

変形性脊椎症の治療法に関しては担当の獣医さんとよく相談して決めていくのが望ましいですね。

 

治療を続けても効果がなかったり、治療法に納得できない場合には、セカンドオピニオンを考えるのも一つの方法です。

 

愛犬にとってベストな方法を探しましょう。

 

変形性脊椎症は飼い主さんが予防することも出来ます。

 

フレンチ・ブルドッグは肥満になりやすいので、適正体重をコントロールしましょう。

 

体重が増えすぎている時は、頑張ってダイエットしましょう。

 

ソファーや玄関の上り降りなど、高い所から飛び降りないようにしましょう。

 

高い段差にはスロープを用意して無理な上り下りを避けましょう。

 

最近は、小型犬用の室内スロープも販売されていますよ。

 

 

何回も上り降りすることで、背骨に強い衝撃が加わり、変形性脊椎症を発症するケースも多いようです。

 

変形性脊椎症は年齢ともに起こるので完全に予防することは出来ません。

 

ですが、大切な愛犬のためにできることはあるので、対策しておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!