フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと膿皮症

 

膿皮症とは発疹を伴う皮膚疾患になります。

 

フレンチ・ブルドッグは他の犬種に比べると、皮脂の分泌量が多いために、膿皮症は最もかかりやすい病気といっていいかもしれません。

 

膿皮症は発症する場所によって、表面性膿皮症、表在性膿皮症、深在性膿皮症の3つの種類があります。

 

表面性膿皮症は、皮膚の一番外側の部分である表皮に発症します。

 

表在性膿皮症は、毛包と表皮周辺に発症します。

 

深在性膿皮症は、毛包全体、真皮、皮下組織といった広範囲に発症します。

 

膿皮症の原因は、皮膚に常在しているブドウ球菌です。

 

何らかの原因で皮膚環境のバランスが崩れた時に、ブドウ球菌が異常繁殖することで発症します。

 

膿皮症を発症すると、体中や指の間に発疹や皮膚に赤みを確認出来ます。

 

体に膿を持った赤いニキビのようなものができることもありますし、かさぶたがあちこちにあったり、フケが出るのも特徴的です。

 

痒みもあるために、犬はしきりに体を引っ掻いてしまいます。

 

このことで、皮膚の炎症を悪化させ二次的な感染の可能性もあるので、早めに治療を開始することが大切です。

 

健康な状態では問題ない細菌でも、体力や抵抗力が落ちている時には感染しやすいので注意しておきましょう。

 

特に免疫力や抵抗力が低い子犬やシニア犬、アレルギー体質の犬の場合は、注意してあげる必要があります。

 

もともと脂漏症、糖尿病、肝臓病、クッシング症候群、甲状腺機能低下などの病気を持っている犬は膿皮症を引き起こしやすくなります。

 

基本的な膿皮症の治療は、抗生物質の投与と同時に、薬用シャンプーで全身を洗浄して行きます。

 

抗生物質は体質に合わなかったり、投薬期間が長期になると副作用が出ることがあります。

 

また、菌に合った抗生物質を使用しないと、効果が弱かったり、期待できないこともあります。

 

痒みが酷い場合はステロイド剤を使用することもあります。

 

軽度の場合は塗り薬を使うこともあります。

 

シャンプーをする場合には、原因になっている細菌を退治するためのシャンプーが必要になります。

 

菌の繁殖を抑えるためには、週に1度程度のシャンプーが推奨されています。

 

素人判断で普段使っているシャンプーは使用禁止です。

 

洗いすぎてしまうとかえって症状を悪化させてしまうので、必ず病院で処方された薬用シャンプーを正しく使うことが大切です。

 

薬用シャンプーの場合には、全身に成分を浸透させたらすぐに洗い流さずにしばらく置きます。

 

その方が成分が全身に行き渡るので効果的です。

 

膿皮症の治療費は、各病院や治療内容、症状などによって様々です。

 

詳しくは、動物病院に問い合わせてください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!