フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと股関節疾患

 

股関節疾患は、その名の通り、股関節に異常がある病気の総称です。

 

股関節疾患には、股関節形成不全、股関節脱臼、レッグペルテス(無菌性大腿骨頭壊死症)などがあります。

 

通常は大型犬に多い病気なのですが、フレンチ・ブルドッグもかかる可能性がある病気なので知っておきましょう。

 

股関節疾患の症状としては、腰を振って歩いたり、足を引きずったりすることがあります。

 

お座りをした時に、休めのように足を崩して座ることもあります。

 

痛みがある場合には、足を触ると痛がって噛みつくこともあるので、痛そうにしている時には無理に抱き上げたりせず、出来るだけ痛みを増長させないように注意しましょう。

 

また、動くたびに痛みがあるので、あまり動きたがらなくなったりすることもあります。

 

散歩や運動することを嫌がるようになると、股関節疾患の可能性があります。

 

股関節疾患の原因については、遺伝や肥満、交通事故などの外傷であることがわかっています。

 

遺伝の場合には、股関節疾患のある犬には交配させない事が大切ですね。

 

フレンチ・ブルドッグは太りやすい傾向にあるので、食事管理や体重管理もしっかりと行いましょう。

 

股関節疾患の治療は、症状によっても違いますが比較的軽い場合には、激しい運動をさせないよう運動制限をしたり、鎮痛剤や抗炎症剤を使いそれ以上進行しないようにします。

 

内科的治療では限界がある場合には、全股関節置換術などの外科的手術を行う事もあります。

 

手術方法も犬種や年齢によって変わるので、かかりつけの獣医さんとよく相談しましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!