フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと白内障

 

白内障は人間にもある目の病気ですね。

 

基本的な仕組みや症状は犬の白内障も、人間の白内障とほぼ同じです。

 

白内障の症状は、眼の水晶体という部分が白く濁るので、見た目にも目が白くなっているのがわかります。

 

そのため、進行すると飼い主さんも気づきやすい病気と言えるでしょう。

 

白内障の原因は、主に加齢によるものです。

 

フレンチ・ブルドッグに限らず、6歳以上になると全ての犬種で起こる可能性があります。

 

他には、外傷によるのもや、糖尿病や低カルシウム血症の合併症で白内障になることもあります。

 

数は少ないものの、遺伝による若年性白内障というのもあります。

 

先天性の場合は、1〜6歳で発症します。

 

フレンチ・ブルドッグは、遺伝的に白内障になりやすい犬種と言われています。

 

白内障の治療についてですが、根本的に治療をする場合には外科手術を行う事もありますが、網膜が委縮していると手術ができません。

 

白内障の手術は、水晶体を取り除き新しい人工のレンズを入れる方法があります。

 

手術は全身麻酔になるので、老犬の場合は手術ができないこともあります。

 

白内障の手術費用は病院によって異なりますが、高額になるのは避けられません。

 

初期の白内障であれば点眼薬や内服薬で進行を遅らせることはできますが、完治はできません。

 

その点からも早期発見が非常に重要になってきます。

 

いずれは、失明して目が見えなくなってしまうので、出来るだけ早めに治療を開始して、進行を遅らせることが大切ですね。

 

ただし、多くの場合は加齢が原因なので、進行もかなりゆっくりになります。

 

初期の段階では、普通に見えていることが多いので、犬も不自由そうにすることがないため、飼い主さんも気づくのが遅くなることがあります。

 

ただし、進行が遅いため犬も見えないなりに順応していくので、飼い主さんが思うほど不自由さを感じないとも言われています。

 

室内で飼っている犬は家具などの場所を覚えているため、物にぶつかることは少ないですが、慣れない場所や散歩など見えづらいために、行きたがらないことがあるかも知れません。

 

加齢は食い止めることはできませんが、外傷や糖尿病などは予防できますので、白内障の原因になるようなことはできるだけ予防したいですね。

 

白内障を予防できるサプリメントなどもあるので、試してみると良いでしょう。

 

 

元気だった子が見えづらいために大人しくしていることもあります。

 

普段から愛犬とコミュニケーションを取り、よく観察して体調を把握してあげましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!