フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと膝蓋骨脱臼

 

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)とは、膝のお皿が何らかの原因で内側や外側にずれてしまう病気です。

 

「パテラ」とも言われます。

 

膝のお皿ことを膝蓋骨と言います。

 

膝蓋骨は大腿骨内にある滑車溝というくぼみにはまっているのですが、膝蓋骨が内側に外れると内方脱臼、外側に外れると外方脱臼と言います。

 

外方脱臼よりも内方脱臼の方が多く見られます。

 

膝蓋骨脱臼はメス犬の方が発症しやすく、発症率はオス犬の約1.5倍だと言われています。

 

膝蓋骨脱臼の症状は様々で軽傷や初期の場合には、無症状なこともあります。

 

症状が酷くなってくると、ビッコを引いたり、足をかばうようにしたり、膝蓋骨脱臼の足以外の3本の足で歩くようなこともあります。

 

痛みが酷い場合には、歩きたがらなかったり、むやみに触ろうとして噛みつかれる事もあるので注意しましょう。

 

膝蓋骨脱臼には段階があり、4つのグレードに分かれています。

 

軽いものでグレード1となり、症状が進行するほど数字が大きくなりグレード4まであります。

 

脱臼があってもすぐに元に戻ることもありますし、完全に脱臼して戻らない時には、手術をして膝蓋骨を正常な位置に戻すことが必要になります。

 

膝蓋骨脱臼の原因は、先天性(遺伝)と後天性(怪我や打撲)があります。

 

先天性の場合は、生まれつき膝関節の周りの筋肉や靭帯に異常があります。

 

子犬の時から発症していることもあれば、発育にともなって発症してくることもあります。

 

先天性の膝蓋骨脱臼は予防できませんが、後天性の場合は膝にできるだけ負担をかけない生活をすることで予防ができます。

 

室内で生活している犬の場合には、フローリングの床も膝蓋骨脱臼の原因になることがあるので、注意しましょう。

 

遊んでいる時などに、部屋を走ることがありますね。

 

急に向きを変えようとした時に、フローリングの床では踏ん張れずに滑ってしまい膝蓋骨脱臼になることがあります。

 

フローリングの床には、マットを敷くなどして予防をしましょう。

 

散歩中は段差や階段のない道を歩くようにしましょう。

 

また、肥満になると膝への負担が増しますので、体重管理も重要です。

 

膝蓋骨脱臼の治療は、症状や体重、年齢、犬種によって違います。

 

軽度の場合は内服薬やサプリメントに加えて運動制限や体重制限などを併用することもあります。

 

重度の場合は骨組織の再建術や軟部組織の再建術などが行われます。

 

外科手術の場合は入院が必要になり、治療費も高額になってきます。

 

膝蓋骨脱臼の治療費は、治療内容や犬種、各病院などによって全く違います。

 

詳しい治療費は動物病院に問い合わせください。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!