フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと気管支形成不全

 

気管支形成不全は、病名を見るとわかるように、気管(喉と肺を繋いで通り道を作っている器官)が成長の段階でしっかりと形成されないために起こる病気です。

 

気管が変形することで炎症を起こしたり、空気の流れが悪くなって呼吸困難になります。

 

フレンチ・ブルドッグのような短頭種(鼻ぺちゃ)には、特に多い病気なので注意が必要です。

 

考えられる原因としては、遺伝や肥満、加齢、首輪による喉の圧迫、慢性気管支炎などがあります。

 

気管が本来成長し発達するべき太さになっていないことや、太さも細い上に柔軟性がないために呼吸がしづらくなってしまいます。

 

原因の一つに遺伝があることから、気管支形成不全の病気がある犬には繁殖させない事も大切ですね。

 

遺伝する病気は、代を追うごとにその症状が酷くなる場合があります。

 

愛犬に仔犬を産ませたい気持ちもわかりますが、安易な交配で病気を受け継がせてしまっては、結果的に犬に苦しい思いをさせることになるという事も理解しておきましょう。

 

気管支形成不全の犬は、呼吸がしづらく苦しいので、常に口を開き苦しそうな声を出しながら必死で呼吸をします。

 

ガチョウのような鳴き声をする、異常な呼吸音がする、乾いた咳が出ている、呼吸困難、よだれの量が多い、失神する、歯茎や舌が紫色に変色する、熱があるなどの症状が見られたら、気管支形成不全の疑いがあります。

 

ただし、軟口蓋過長症もこれらと似たような症状が出るため、素人では判断できません。

 

動物病院でX線やレントゲン撮影で気管の状態を確認する必要があります。

 

気管支形成不全は自然に完治することは無く、一度気管が変形してしまうと元に戻らないので、慢性的に進行し、再発しやすくなります。

 

そのため、動物病院で治療をする必要があります。

 

軽度の気管虚脱であれば、咳を和らげる薬や気管支の拡張剤、抗炎症薬、鎮静剤などを投与します。

 

気管が大きく変形している重度の気管虚脱の場合は、気管の形を整える外科的な治療を行ないます。

 

気管虚脱の治療費は病院によっても違いますが、軽度の症状で10万円、重度の症状で約70万円ほどを目安にするといいですね。

 

フレンチ・ブルドッグは、特に夏の暑さに弱い犬です。

 

夏の暑い時期には呼吸も早く、荒くなってくるのでますます呼吸が苦しくなります。

 

出来るだけ快適に過ごせるように、室内の温度の調節をしてあげましょう。

 

また、首が圧迫されることで発症しやすくなるので、首輪ではなくハーネスを使用したり、肥満にさせないことが予防に繋がります。

 

気管虚脱は予防と早期発見が大切です。

 

普段から愛犬をよく観察しておきましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!