フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグとマラセチア感染症

 

マラセチア感染症は、皮膚病の一種です。

 

マラセチアとはカビの一種(真菌)なのですが、どんな犬でも持っている常在菌でもあります。

 

そのため、フレンチ・ブルドッグ以外の犬種も発症の危険性がある病気です。

 

マラセチア感染症になると皮膚表面が厚くなったり、皮膚の色が黒くなったり、皮膚がべたべたしたり、発赤、発疹、脱毛が見られたり、かゆがったり、フケがたくさん出る、といった症状が出ます。

 

このような症状が見られる場合には、マラセチア感染症を疑ってみると良いでしょう。

 

いつもは皮膚のしっとりとしている耳の中、口の周り、脇の下、陰部の周りなどにマラセチアがいます。

 

健康な状態であれば、特に問題はありませんが、病気やストレスなどが原因で抵抗力が落ちた時に発症します。

 

皮膚炎を起こした時には、ダメージを受けた部分を修復しようと、皮脂をたくさん分泌させます。

 

フレンチ・ブルドッグはただでさえ皮脂の分泌が他の犬種に比べて多いので、過剰に分泌してしまう事になります。

 

マラセチア菌の大好物は皮脂なので、皮膚の炎症がきっかけで、皮脂の分泌が増えた時などには、エサが増えることになるので菌も増殖し、炎症も酷くなっていきます。

 

フレンチ・ブルドッグは顔にシワがありますが、このシワの中もマラセチア菌にとってはすごく居心地がいい場所となるので、常にシワの中も清潔にしておくことを心がけましょう。

 

耳の中もマラセチア感染症になりやすいので、耳の状態もこまめにチェックし、清潔にしておきましょう。

 

耳にマラセチアが増殖すると外耳炎になることも多いので注意しましょう。

 

マラセチア感染症になってしまった場合には動物病院で治療を受けましょう。

 

抗真菌剤を飲ませたり、抗菌シャンプーで体を洗ったりすることで回復に向かいます。

 

完治しますが、再発もしやすいので、日頃のケアが大切ですね。

 

マラセチアは、乾燥が大の苦手です。

 

マラセチアを増殖させない環境を飼い主さんが作ってあげることが、マラセチアの予防法になります。

 

ちなみに、基本的に犬のマラセチアが人間に移ることはありません。

 

人間と犬とでは常在できるマラセチアの種類が違うため、感染する危険性はほとんどありません。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!