フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグと食物アレルギー

 

フレンチ・ブルドッグは皮膚がとてもデリケートで弱いので、ちょっとしたことでも皮膚病になってしまう事があります。

 

アレルギーにも色々なものがありますが、おそらく一番多いのは食物アレルギーではないでしょうか。

 

食物アレルギーはアレルゲンとなる食べ物によって発症する皮膚炎です。

 

食物アレルギーを持つ犬は、約4割ほどいると言われてるので、フレンチ・ブルドッグ以外の犬種も注意が必要です。

 

我が家にも以前にドッグフード選びを失敗して、食物アレルギーで全身に湿疹が出た事がありました。

 

皆兄妹なので、体質が似ているのでしょうね。

 

ものの見事に全員、食物アレルギーになってしまいました。

 

原因は、ドッグフードを変えてからだったので、すぐに気が付き、体質に合う刺激の少ない自然派のものに切り替えました。

 

ワンコ友達から、すごく良いドッグフードがあると教えられ、それを試してみたのですが、うちの子たちには合わなかったようです。

 

犬にも体質がありますし、同じ犬種でも体質が違う事があります。

 

他のワンちゃんにはすごくよく合っていたドッグフードも、うちの子の場合には合わなかったようです。

 

食物アレルギーになる食べ物の多くが、ドッグフードの原材料として使われています。

 

牛肉、鶏肉、ラム肉、大豆、とうもこし、乳製品、小麦、卵などがアレルギーを起こしやすい原材料になります。

 

長期保存や味や見た目をよくするため、添加物が含まれているドッグフードも多くあります。

 

粗悪な原料を使用して作られたドッグフードの場合は、危険性の高い添加物が使われていることもあります。

 

ドッグフードは主食になるものですから、質の良いものを選んであげたいですね。

 

特に、フレンチ・ブルドッグは皮膚病やアレルギーも多いので、注意しておきましょう。

 

仔犬の時にはパピー用のドッグフードを食べさせますが、成犬になってからは成犬用のものに切り替えていきます。

 

ずっとパピー用を食べさせていると、栄養価が高いために、食物アレルギーを起こすこともあるので、年齢に合ったフード選びも大切です。

 

食物アレルギーになったら、動物病院でアレルギーを引き起こす原因を特定する検査を受けましょう。

 

アレルギー検査の費用は、検査内容や検査機関によって異なりますが、だいたい2万円〜5万円くらいです。

 

ペット保険に加入されている場合は、保険が適応できる場合があるので、問い合わせてみると良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!