フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグとアトピー性皮膚炎

 

犬のアトピー性皮膚炎は、人間のアトピーと基本的には症状や原因などは一緒です。

 

アレルギー要因になる食べ物やハウスダスト、ダニなどによって発症します。

 

アトピー性皮膚炎の原因には遺伝もありますので、アトピーがある犬は繁殖に向いていないという事を理解することも大切です。

 

症状が出る部分も人間のアトピーと同じように、皮膚の柔らかい部分が多いですね。

 

お腹、脇、腿の内側、顔(口や目の周り)などに発症することが多くなります。

 

最初は赤みを帯びた湿疹のような状態ですが、痒みを伴うので犬にはそれを我慢することができません。

 

痒い部分を足で引っ掻いたり、噛んでしまう事もあります。

 

放置しておくと、皮膚の炎症も酷くなりますし、かき崩してしまい、そこからさらに細菌感染してしまうなど、こじらせてしまいます。

 

痒がったり、湿疹を確認した時には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

 

アレルゲンが何であるかを確かめ、その要因を取り除いてあげないと治療をしても意味がありません。

 

動物病院でアレルギー検査をすればアレルゲンを特定できます。

 

ハウスダストなら部屋をキレイに掃除して清潔な環境作りを心がけましょう。

 

空気清浄機の設置も効果的です。

 

食事が原因の場合には、アレルゲンになっている物を含まない自然食や、手作りフードにしてあげるといいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!