フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグが咳をしている

 

フレンチ・ブルドッグのように短頭種の犬は、どうしても呼吸器系の病気になりやすい傾向にあります。

 

フレンチ・ブルドッグは、遊ぶことが大好きですが、心拍数が上がってしまうので、極端に興奮させたり、激しい運動は禁物だと言われています。

 

呼吸器系の病気の場合には、咳も症状の一つとして現れますが、呼吸がしづらいため、呼吸困難を起こすこともあります。

 

他にも咳が症状として出る病気はいくつかありますが、代表的な病気は以下の通りです。

 

・ジステンパー
・フィラリア
・インフルエンザ
・急性気管気管支炎(ケンネルコフ)
・肺炎
・僧帽弁閉鎖不全症
・気管虚脱
・咽頭炎

 

これらの病気はいずれも命の危険にかかわる場合もあるので、注意しなければなりません。

 

老犬の場合、咳の原因が心臓にあることが多いようです。

 

症状が進行すると咳や呼吸困難などの症状が現れるようになります。

 

咳が多いと感じたり、呼吸が変だと感じたら、すぐに動物病院で診察を受けることをオススメします。

 

特に子犬や老犬は重症になることもあるため、できるだけ早めに病院へ連れて行きましょう。

 

遺伝性の病気で気管支形成不全の場合には、成長の段階でしっかりと気管支が形成されないので、咳をしやすくなります。

 

他に異常がないのに咳が多いと感じた場合には、一度しっかりと検査をしてもらうといいかもしれませんね。

 

普段の行動が咳の原因になっている場合もあります。

 

フレンチ・ブルドッグには、お散歩はあまり必要ないとも言われていますが、本当は遊ぶのが大好きです。

 

社会性を身につけるためにも、外の世界に行くことは大切なことなので、適度な散歩は習慣にしておきたいですね。

 

リードを引っ張って歩く習慣のある犬は、気管に強い力が加わって、気管虚脱を起こす危険性もあります。

 

お散歩の時には、首につけるカラーではなく、胴につけるハーネスがオススメです。

 

余裕を持っていても、どうしても首を圧迫してしまう事もあるので、負担の少ないハーネスにしてみましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!