フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグが嘔吐している

 

人間の場合でも嘔吐すると健康な状態ではないですよね?

 

犬も同じです。

 

嘔吐するには必ず何かの原因があるので、まずはその原因を確かめることが大切です。

 

犬が嘔吐する原因はたくさんあります。

 

犬の嘔吐で最も多いのが食べ過ぎや食中毒、異物を飲み込んだ時などです。

 

腹膜炎、胃腸炎、肝臓疾患、脳疾患、胃捻転、十二指腸潰瘍、フィラリア、尿毒症、急性腎不全、腎炎、子宮蓄膿症など病気でも嘔吐の症状が出ることがあります。

 

ただし、「嘔吐=病気」とは限らない場合もあります。

 

よくあるのが散歩中に草を食べて嘔吐するケースですね。

 

どうして犬が草を食べるのか実際のところはよくわかっていません。

 

犬が元気に過ごしているようであれば、しばらく様子を見てもいいでしょう。

 

食事の量や回数が少なすぎる場合には、空腹の時間が長くなりますね。

 

空腹に耐えかねて胃液を吐いてしまう事もあります。

 

この場合には、食事の回数を増やすことで解消される場合があります。

 

この他、とても繊細で神経質な性格の子の場合、叱られたりするとそのショックで嘔吐してしまう事もあります。

 

叱る時には、犬の性格なども考えておきましょう。

 

食後にすぐに散歩に行ったり、興奮させるような事があった場合にも、食べたものを吐いてしまう事があります。

 

私たち人間だって、お腹いっぱいの時に思いきり激しい運動をしたりすれば気持ち悪くなりますよね。

 

興奮しやすい子は、食事の後はゆっくりと休ませるなどしてみましょう。

 

嘔吐したものの中に血が混じっていたり、下痢をしていたり、熱があるなどの場合には病気の可能性もあるので、すぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

嘔吐した後に普段と様子が変わらない場合は、特に問題はないでしょう。

 

嘔吐が止まらない場合やいつもと様子が違うようであれば、絶飲食して動物病院で診察をしてもらいましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!