フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグのよだれの量が多い

 

フレンチ・ブルドッグのように、暑さに弱く自分で上手く体温調節ができない犬種は、よだれをたくさん垂らすことで体温を下げようとします。

 

ですから、ある程度のよだれなら特に問題はないでしょう。

 

しかし、あきらかに異常な量のよだれを垂らしていたり、泡を吹いたようなよだれ、よだれに血が混じっている場合には、病気の可能性が考えられます。

 

夏の蒸し暑い時期は、フレンチ・ブルドッグにとっては最も苦手な季節になります。

 

室内でクーラーを付けていても、犬のいる場所(サークルのある場所など)に直射日光が当たっていれば、そこだけ高温になり、熱中症にかかってしまいます。

 

熱中症にかかった場合には、呼吸も早くなり、よだれの量も増えます。

 

犬は汗をかかないので口で呼吸をすることにより、熱を体外に放出しようとします。

 

この口呼吸をする時に舌を出すことで、大量のよだれが垂れてしまうことがあります。

 

熱中症の場合には、意識がしっかりしているなら、まず体を冷やしてあげるといいですね。

 

室内にいても、湿度や温度には十分注意しましょう。

 

愛犬を車でどこかへ連れて行くことが多い人は、乗り物酔いでよだれをたくさん垂らすことがあります。

 

特に1歳に満たない子犬の場合には、まだ車に慣れていない子が多いため、車酔いをし、よだれを大量に垂らすことがあります。

 

この場合は休憩を取るなどして、車から降ろしてあげるようにしましょう。

 

フードやおやつを食べた後に、食べかすなどが歯の隙間に詰まっていると、口を開けたままにしてしまうため、よだれが止まらないこともあります。

 

この場合は歯ブラシをしてあげると良いでしょう。

 

他には、食べてはいけないものを食べてしまい中毒症状を起こしていたり、脳の神経に異常があり、その症状としてよだれを大量に垂らしたり、胃炎や熱がある時などが考えられます。

 

また、食道や胃などの消化器に関する病気の可能性も考えられます。

 

病気の場合には、よだれ以外にも嘔吐や下痢などの症状が現れることもあるので、犬の状態などもよく観察しておきましょう。

 

いずれの場合にも、明らかに異常と感じたらすぐに動物病院に連れて行く方が良いでしょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!