フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの鼻が乾燥している

 

犬の鼻は、通常湿った状態です。

 

犬の鼻が湿っているのは、犬が舌で濡らしているからです。

 

鼻が湿っていることで嗅覚が高まるので、犬は本能的に鼻を湿らせるのです。

 

犬の鼻が乾いている時は、どこか具合が悪い目安にもなります。

 

しかし、乾燥しているからといって、必ずしも具合が悪いとは限らない場合もあります。

 

例えば、寝起きですね。

 

犬が寝ている時は、自分で鼻を舐めることができませんよね

 

寝起きは鼻が乾燥していることがあるので、この場合は特に他に症状がなければ問題ないでしょう。

 

他には、冬などこたつの中が大好きな子の場合には、こたつの中にもぐっていることが多いですね。

 

この場合も、鼻が乾燥しています。

 

鼻が乾燥していても、しばらくすると湿っていれば特に心配することはないでしょう。

 

ただし、常に乾燥している場合には、病気の可能性があります。

 

鼻が乾燥していると発熱や熱中症、脱水症状、感染症などの疑いがあります。

 

また、アレルギーや目や鼻の病気で鼻が乾燥することがあります。

 

さらに皮膚の角化症を起こす皮膚疾患でも鼻が乾燥することがあります。

 

鼻の乾燥だけでなく、その他の症状もある場合は動物病院に行きましょう。

 

・元気がない
・食欲がない
・散歩を嫌がる
・嘔吐や下痢をしている
・尿や便の色がおかしい
・呼吸が荒い
・咳をしている
・体が熱い

 

鼻が乾燥しているから、必ず病気とは限りません。

 

ですが、病気かどうかは素人では判断できませんので、まずは動物病院に連れて行きましょう。

 

診察をしてもらえば、鼻が乾燥している原因もはっきりするでしょう。

 

病気が原因なら、適切な治療をすれば鼻の乾燥も解消されますし、病気の治療もできますね。

 

大切なのは、日ごろから愛犬の健康状態を常にチェックしておくことですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!