フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの口臭がキツイ

 

犬も人間と同じように、食べたら歯を磨くのが理想的です。

 

「歯が命」とはよく言ったもので、歯がないと噛むことができませんし、噛むことができないと十分に栄養を摂ることもできなくなってきます。

 

結果、あまり長生き出来ない事にもつながってきます。

 

犬の主食はドッグフードですが、質が良くなっているとは言え、やはり食べた後には食べカスも残りますし、それが歯垢となり、蓄積されやがては歯石になっていきます。

 

口臭がキツイのは、口の中が不衛生な状態になっているので、普段から歯磨きの習慣をつけておきたいですね。

 

こればかりは、突然始めようとしても無理な話です。

 

仔犬の頃からの習慣を付けることが一番ですね。

 

これからフレンチ・ブルドッグの仔犬を飼う人は、食後の歯磨きを習慣づけてください。

 

毎食後は無理でも、寝る前などにスキンシップの時間も兼ねて歯磨きの時間を作ってあげるといいでしょう。

 

最近は、犬用に開発された歯ブラシなどもあります。

 

 

人間の子供用のヘッドの小さい歯ブラシでも代用できます。

 

歯ブラシを嫌がる場合は、無理やり磨こうとすると嫌がってそれがトラウマになり、歯磨きはおろか、口元を触るだけでも嫌がるようになります。

 

決して無理強いせず、少しずつ慣らしていくことが大切です。

 

歯ブラシが難しい場合には、清潔なガーゼを指に巻き、軽く歯の表面を拭き取るだけでも効果があります。

 

すでに、成犬になっており歯磨きの習慣を付けるのが難しい場合には、歯磨き効果のあるガムやおもちゃを使うと良いでしょう。

 

 

現在、犬用デンタルケア商品がたくさん開発されているので、愛犬が嫌がらないものを試してみると良いでしょう。

 

歯磨きをしていても口臭がキツイ時は、何らかの病気の可能性があります。

 

例えば、甘い臭いやフルーティーな臭いがする場合は、糖尿病の可能性があります。

 

悪臭の場合は口腔疾患の可能性があります。

 

犬の口臭から来る病気の原因を調べるには獣医師による診断が必要です。

 

ただし、犬の口臭の大半は、歯肉炎、歯周病、歯の骨折、歯根腫瘍などの歯科疾患によるものです。

 

蓄積された歯石が除去されないと歯科疾患が進行していきます。

 

治療をしないまま放置すると、バクテリアは歯根にまで広がり歯の痛みを伴ないます。

 

さらにバクテリアは犬の血流に入り、心臓病のリスクを高めることにもなります。

 

なので、犬の口臭がキツイと感じた時は、放置などは絶対にせず、早い段階で獣医師の診察を受けることをお勧めします。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!