フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの体臭がキツイ

 

フレンチ・ブルドッグは、皮脂の分泌量が他の犬種に比べて多いことと、顔にあるシワの間に汚れが溜まっている場合には、体臭がキツイと感じることがあります。

 

ただし、人間にも体臭があるように、どんな犬種でも体臭があります。

 

特に犬の場合は皮脂腺が多くあります。

 

皮脂腺とは毛穴の中にある体の脂を溜めて分泌する部分を言います。

 

毛穴から分泌された皮脂は発酵や酸化を起こし、独特な臭いを発生させます。

 

そして、この皮脂は細菌の餌になります。

 

細菌が皮脂に含まれる成分を分解して増殖し、それがまた悪臭の原因となることもあります。

 

定期的なシャンプーで体を洗ったり、毎日顔のシワの間の掃除をし、清潔にしていればそれほど臭いは気になりません。

 

犬と一緒に生活していると、独特の臭いに慣れてしまうこともあり、実際は飼い主さんにしてみれば、よほどお手入れをさぼって不衛生にしていない限り、体臭は気にならないと思います。

 

しかし、犬を飼っていない人にしてみれば、独特の臭いを感じることもあるようですね。

 

来客がある場合など、自分では気づかない臭いがあるかもしれません。

 

フレンチ・ブルドッグは体臭がちょっとキツイと感じることもあるかもしれませんが、これは犬種ならではの事情なので、ある程度は仕方のないことです。

 

臭いが気になるからといって、必要以上にシャンプーをしてしまうと、皮膚や被毛を保護するために必要な皮脂まで洗い流してしまう事になりますので、過度のシャンプーは絶対にしてはいけません。

 

犬の皮膚というのは、私たち人間が思っているよりも、薄くてデリケートに出来ています。

 

シャンプーのやりすぎで必要な皮脂まで奪ってしまうので、皮膚を傷める原因となります。

 

犬のシャンプーは1ヶ月に1回程度で十分です。

 

臭い対策としては、室内に空気清浄機を設置したり、ペット専用の無香料の芳香剤を置くなどでもかなり変わってきます。

 

フレンチ・ブルドッグの体臭がキツイと感じた時でも、人間の都合だけを考えるのではなく、犬の体の事を考えた対策を取ってほしいと思います。

 

犬のシャンプーをしても体臭がキツイ場合は、何かの皮膚炎を発症しているかもしれません。

 

例えば、続発性脂漏症になると皮膚が脂っぽくなり、体臭が強くなる症状が出ます。

 

続発性脂漏症は皮膚の新陳代謝が異常に早まることによって、フケが大量に発生したり、皮脂が大量に分泌される病気です。

 

この病気はアレルギーや寄生虫、ホルモン異常などによって起こります。

 

マラセチア皮膚炎(脂漏性皮膚炎)にかかるとツンと鼻をつく発酵した酵母のような臭いがします。

 

主に口周り・耳の中・腹部・脇の下・鼠径部・肛門の周りの臭いが酷い時は、マラセチア皮膚炎を発症している可能性があります。

 

急に体臭が酷くなったり、変な臭いがするようになった時には、体に何らかの異常が起こっている可能性があります。

 

早いうちに動物病院に相談しましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!