フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの去勢手術と避妊手術

 

去勢手術とはオス犬の精巣の摘出を行う手術です。

 

去勢手術は、マーキングを始める前の生後6ヶ月までに行うことが多いようです。

 

避妊手術とはメス犬の卵巣と子宮の摘出を行う手術です。

 

避妊手術は、最初の発情を迎える生後6ヶ月以前に行うことが多いようです。

 

どちらの手術も犬が年を取ると体への負担が大きくになるので、行うならなるべく早い時期が良いでしょう。

 

犬の去勢手術や避妊手術については、色々な考え方や意見があると思います。

 

賛成の人もいれば、絶対に反対という人もいるでしょう。

 

私も以前は無理やり去勢や避妊手術をするのは、あまり賛成ではありませんでした。

 

でも、自分の愛犬が2匹とも子宮蓄膿症にかかり、1匹は助かりましたが、もう1匹は亡くなってしまいました。

 

このことがあってから、初めて去勢や避妊手術は必要な場合もあるという事を知りました。

 

もっと早くに去勢手術と避妊手術の意味を知り、考えておけばと今でも後悔しています。

 

例えフレンチ・ブルドッグを1匹しか飼っていなく、多頭飼いをする予定がない場合でも、将来かかるであろう病気の予防にもなるので、去勢手術と避妊手術を考えるのは、とても大切なことだと思っています。

 

しかし、一概にメリットがあるだけとは言い切れない部分もあります。

 

一つは、去勢手術や避妊手術をすることで、ホルモンのバランスが崩れるため、今までと変わらない食事の量でも太ってしまうということです。

 

他の犬種なら、運動量を増やすことで多少はカバーできますが、フレンチ・ブルドッグは激しい運動ができないので、食事管理には相当気を使う事になります。

 

また、フレンチ・ブルドッグのような短頭種は、麻酔時のリスクも高くなるという事を覚えておきましょう。

 

もちろん、どんな犬種であっても、麻酔のリスクはありますが、手術を受ける場合には、担当医の先生と納得がいくまで話しておくといいでしょう。

 

その他にも術後の合併症リスクや尿失禁や股関節形成不全、血管肉腫などの病気の発症率が高まるという報告もあります。

 

ただし、全てが去勢手術や避妊手術が直接的な原因なのか、はっきりとわからない部分もあります。

 

もちろん、去勢手術や避妊手術の治療費もかかります。

 

動物病院によっても料金は違いますが、去勢手術の目安の料金は、10,000〜25,000円程度だと言われています。

 

避妊手術の費用は20,000〜40,000円程度が目安になります。

 

どちらの手術も開腹手術になるので、最低でも1〜2日の入院が必要です。

 

去勢手術や避妊手術が愛犬にとってプラスになるのかマイナスになるのかを最終的に判断するのは飼い主さんになります。

 

どうすることが愛犬にとってべストなことなのかを考えてみて下さい。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!