フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの季節ごとの健康管理

 

犬の健康管理は、飼い主さんの義務ですね。

 

日本には四季があるため、健康管理をする時には、季節ごとの健康管理を考えておくことが大切です。

 

<春の健康管理>

 

換毛期がある犬にとっては、春は毛がごっそりと抜け落ちる時期なので、1日のブラッシングの回数を少し増やし、念入りにブラッシングをしてあげるようにしましょう。

 

アンダーコートをそのままにしておくと、蒸れて皮膚病の原因にもなってしまいます。

 

フレンチ・ブルドッグは皮膚が弱く、皮膚病になりやすいので、この時期のブラッシングは丁寧に念入りに行いましょう。

 

だんだんと暖かくなってきますが、まだまだ朝晩は冷え込む場合もあります。

 

朝晩と日中の温度差が激しい場合には、室内の温度には注意しておきたいですね。

 

まだ春だからと思っていても、日中でも部屋にいる場合には、直射日光が当たればかなり気温も上昇してきます。

 

室内の温度や犬のいる場所の温度にも注意しましょう。

 

朝晩冷え込む場合には、ペットヒーターを使い寒さから風邪を引かせないように注意しましょう。

 

春には、狂犬病の予防接種をしたり、フィラリアの予防薬も飲み始める頃ですね。

 

健康管理も大切ですが、これらの予防もしっかりと行いましょう。

 

<夏の健康管理>

 

1年のうちでも、フレンチ・ブルドッグにとって一番苦手な季節が夏です。

 

短頭種のフレンチ・ブルドッグは、気管が他の犬種に比べて短いため、呼吸をするのがとても大変です。

 

気温が上がり、体温も上昇してくるので、常にハアハアと舌を出している回数も増えてきます。

 

室内にいる場合には、直射日光が当たらないように注意し、日よけなどを作ったり、カーテンを閉めて直接日光が当たらないように工夫しましょう。

 

室内にいてクーラーを付けていても、日が当たる部分だけは高温になっています。

 

犬がいる場所の温度が高温にならないように注意をし、快適に過ごせるよう配慮してあげましょう。

 

また、気温だけでなく湿度も高くなる時期なので、湿度にも注意しましょう。

 

室内にいても高温多湿になれば、フレンチ・ブルドッグにとっては、最も苦手であり、過酷な環境になります。

 

クーラーをドライにしたり、室温設定なども注意しておきたいですね。

 

常に新鮮なお水が飲めるように、飲み水もこまめに取り替えてあげたいですね。

 

お散歩に出かける場合には、日中の暑い時間は避け、朝晩の涼しいうちに済ませておきましょう。

 

夏には、犬も夏バテをして食欲が落ちることがあります。

 

この時期だけ、犬が食欲が出るようにトッピングなどをして工夫してみて下さい。

 

あまり暑がるようなら、ベランダやお庭に日陰を作り、子供用のプールで水浴びすると喜ぶので試して下さい。

 

水浴びの後は、夏でもしっかりと体の水気を拭き取り、乾かしてあげましょう。

 

<秋の健康管理>

 

秋になってもまだまだ残暑が厳しい間は、夏と同じように気を配りましょう。

 

昨日は暑かったのに、翌日は急に秋らしく涼しくなることもありますね。

 

急激な気温の変化は、犬も体調を崩す原因になることがあるので注意が必要です。

 

また、寒い冬に備えて食欲も増してきますので、秋のうちにたくさんのエネルギーを蓄えておくことも大切になります。

 

蒸し暑い夏には、一時的に食欲が落ちても、また秋になれば食欲も戻ってきます。

 

太らせない程度に、しっかりと必要なエネルギーを補給するために食事管理も気をつけたいところですね。

 

残暑が厳しいうちは、日中のお散歩は控えた方がいい場合もあります。

 

その日の気温やアスファルトの温度などを考えて散歩の時間も調節してあげましょう。

 

秋は二度目の換毛期がやってくる時期でもあるので、毎日のブラッシングは丁寧に行いたいですね。

 

洋服を着せることで防寒対策にもなりますが、抜け毛対策にもなるので、洋服を着せるのも良いでしょう。

 

秋でも夜には急に冷え込むことがあります。

 

夜寝る時には、寒い思いをしないように毛布を入れたり、ペット専用のヒーターがあれば、そろそろ用意しておくといいですね。

 

春から始めたフィラリアの予防薬も地域によってはまだ飲ませる場合もあります。

 

飲ませ忘れのないように注意しておきましょう。

 

<冬の健康管理>

 

暑さには弱いフレンチ・ブルドッグですが、室内で生活していればやはり冬の寒さも体に応えますね。

 

寒い思いをさせないように、部屋の中を暖め快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

 

犬用のセーターを着せるのも、保温効果があるのでオススメです。

 

ベッドには、ペット専用のヒーターを入れてあげると、夜も暖かく眠ることができますね。

 

日中はストーブやファンヒーター、ホットカーペット、こたつといったように、一番暖かい場所で寝ていることも多いので、ある程度犬に任せておいてもいいでしょう。

 

ただし、犬は少しでも近付こうとするので、熱すぎてやけどをしてしまう事もあります。

 

ファンヒーターや、ストーブを付ける場合には、周りにガードの網を設置しておくと安心ですね。

 

暑い時期に比べて、お散歩も寒いながらも楽しむことができるようになってきます。

 

ただし、地域によっては雪がたくさん降ったり、地面が凍結していたりすることもあります。

 

特に寒い朝晩は、肉キュウが凍傷になってしまう事もあるので、できるだけ日中の暖かい時間に散歩を済ませておきましょう。

 

元々、フレンチ・ブルドッグは、長時間の散歩や激しい運動が苦手です。

 

無理に散歩に行かなくても、室内でおもちゃなどを使って遊んであげるのもいいでしょう。

 

気分転換に飼い主さんと一緒にドッグカフェで暖まるのもいいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!