フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの便・尿のチェック

 

人間でもそうですが、どこか調子が悪くなったり、病気になった場合には、便や尿にそのサインが表れることがありますね。

 

犬も全く同じです。

 

健康管理のためには、便や尿の状態も目安になりますので、日ごろからしっかりと確認しておきましょう。

 

見かけは健康そうに見えても、便や尿にはサインが表れることもあるので、毎日チェックしておきたいですね。

 

健康な場合には、適度に硬い良いウンチをします。

 

ウンチが柔らかくなっていたり、下痢をしている時には、体調を崩しているサインかもしれません。

 

ただし、ドッグフードの種類を急に変えてしまったり、初めて食べるおやつなどを食べた場合には、お腹がびっくりして下痢をすることもあります。

 

成犬の下痢は少し様子を見でも大丈夫ですが、体力のない幼犬や老犬の場合は、命にかかわりますのですぐに動物病院へ行きましょう。

 

一般的に犬は食事の後にウンチをします。

 

1日2回食事を与えているなら、1日2回ウンチをします。

 

1日以上ウンチが出なければ、動物病院へ相談して下さい。

 

正常なウンチは茶色〜コゲ茶の間の色をしています。

 

真っ黒、赤い、白っぽいなど毎回色が違う場合は、異常なウンチです。

 

健康な尿は、透明でやや黄色っぽい色をしています。

 

臭いもアンモニア臭が多少する程度です。

 

いつもと違う臭いがしたり、色が違っていたら何かの病気のサインであることが多いですね。

 

ただし、寝起きやお留守番で長時間トイレを我慢している時などは、ちょっと臭いがいつもより強いと感じることもあります。

 

赤みや褐色をおびていたり、排尿時に痛がる時は病気の可能性があります。

 

もしも、下痢をしていたり、尿の様子がいつもと明らかに違うと感じた場合には、すぐに動物病院に連れて行き、検査や診察など受けることが大切です。

 

この時、便や尿を持って行くとすぐに検査してもらえるので、持参するといいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!