フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの爪切り

 

犬の爪切りは、爪の色によって切りやすい場合と、そうでない場合があります。

 

白い爪の場合には、血管などが透き通って見えるので、ある程度切っていいところの目安がわかるため、比較的切りやすいでしょう。

 

爪が黒い場合には、中が見えないので、失敗も多くなります。

 

爪切りをする場合には、一気に切らずに、少しずつ切り進めていくのがいいですね。

 

人間の場合で考えてみて下さい。

 

お風呂上りには、爪が柔らかくなっているので、爪切りもしやすいですね。

 

犬も同じで、シャンプーをした後には、少し爪も柔らかくなっていて切りやすいので、爪切りはシャンプーの後にするのがオススメです。

 

少しずつ切って行き、ある程度のところまで行くと、爪の中心にうっすらと、血管の名残が見えてきます。

 

これが見えたら、それ以上切ってしまうと血管を切ってしまうので出血しますし、犬も痛い思いをして、爪切りを嫌がるようになるので注意が必要です。

 

爪切りには、ギロチンタイプとニッパータイプがあります。

 

 

飼い主さんが使いやすいと思う方を選ぶといいですね。

 

万が一出血してしまった場合に備えて、止血剤も用意しておきましょう。

 

 

出血した場合には、止血剤を指に乗せ、爪に擦り込むようにしていけばすぐに血も止まります。

 

どうしても自分では爪切りが無理な場合には、動物病院やトリミングの時にもやってもらえますので、お願いするといいですね。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!