フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグの歯磨き

 

犬も人間と同じように、食べたら歯を磨くことが大切になります。

 

理想的なのは、歯ブラシを使って丁寧に磨いていく方法なのですが、この方法は仔犬の頃から慣れていないと、ちょっと難しくなるかもしれません。

 

仔犬の場合でも、無理やり口をこじ開けて磨こうとしたら、それがトラウマになってしまい、歯磨きどころか口を触るのも嫌がるようになるので、無理やり行うのはオススメできません。

 

食後に遊ぶ感覚で歯ブラシを上手に口の中に入れられるようにしてみましょう。

 

歯ブラシは、子供用のヘッドの小さいくやわらかめのブラシがいいですね。

 

それが無理な場合には、清潔なガーゼで歯と歯茎のマッサージをするように磨いていきましょう。

 

指にガーゼを巻き、歯の表面をキレイに掃除しましょう。

 

すでに、ある程度成長していて、歯ブラシもガーゼも無理だという場合には、歯磨き効果のあるおもちゃや、ガムを食後に与えるといいですね。

 

フードにかけるデンタルケアのサプリメントもあります。

 

 

全く何もしないよりは効果があるので、歯ブラシやガーゼを使った歯磨きがどうしても無理な場合には、こういう方法も試してみて下さい。

 

食べカスが歯垢となり、歯垢が歯石となっていきます。

 

歯石になってしまうと、歯周病の原因になりやがて歯が抜け落ちてしまいますし、口の中の状態も不衛生になってしまい健康上の問題も出てきますし、口臭もきつくなったりします。

 

どんな方法でも良いので、ワンちゃんにも毎日の歯磨きを心がけて下さい。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!