フレンチ・ブルドッグのしつけ・飼い方・病気・寿命・価格・性格

フレンチ・ブルドッグのブラッシング

 

犬のブラッシングをする時には、毛の長さや毛質に合ったブラシを使う事が大切になります。

 

フレンチ・ブルドッグの毛は短くてスベスベしています。

 

フレンチ・ブルドッグのように短い毛の場合には、ラバーブラシが向いています。

 

ラバーブラシと言っても、いくつか種類があります。

 

ホームセンターのペットコーナーやペットショップに行けば実際に手に取って見ることができます。

 

毛先は丸く、ゴムの質は柔らかいものがオススメです。

 

程よく弾力があり、柔らかさもあるラバーブラシを選ぶようにしましょう。

 

 

形もメーカーなどによって違ってきます。

 

飼い主さんが持ちやすく、使いやすいと思うものを選んでみましょう。

 

ブラッシングをすることで、全身の血行も良くなりますし、スキンシップにもなるので毎日行いましょう。

 

ブラッシングをすると皮脂の分泌も促進されるので、毛にツヤが出てきます。

 

ラバーブラシだけでも良いのですが、出来れば時々、毛にツヤを出すために獣毛ブラシを使ってみて下さい。

 

 

スベスベの毛にツヤが出て、とてもキレイになります。

 

また、フレンチ・ブルドッグの毛は短いのですが、換毛期にはいつもより多めに毛が抜けてきます。

 

抜けるというより、ごっそりと抜け落ちるので、この時期にはブラッシングをいつもよりも丁寧にやって下さいね。

 

ラバーブラシはゴム製なのでブラッシングをする時には、力は必要ありません。

 

優しくなでるように、マッサージするようにブラッシングをしてあげて下さい。

 

ブラッシングをすることで、犬との信頼関係も深まります。

 

また、フレンチ・ブルドッグにはアメリカンタイプがあります。

 

アメリカンタイプは、皮膚にたるみがあるのが特徴です。

 

成長と共にシワのようになっていくので、ブラッシングをする時には、手で皮膚を伸ばしながらブラッシングをしてあげて下さい。

 

フレンチ・ブルドッグ、成犬になると首の後ろにシワが寄ることもあります。

 

この場合にも、シワのあるところをブラシングする時には、手で皮膚を伸ばして優しくブラシングを死してあげましょう。

 

基本的にブラッシングは1日1回でいいのですが、換毛期には抜け毛も多くなるので、1日に2回〜3回ブラッシングをしましょう。

 

「こいぬすてっぷ」は、獣医師行動医療科認定医である荒田獣医師の監修のもとで作製された、しつけグッズです。
成長に合わせて無理のないペースで適切な量のしつけができるだけでなく、獣医師が時期に合わせて厳選した「知育おもちゃ」などの日用品が毎月届きます。
飽きっぽい一面はあるものの学習能力に優れるフレンチブルドッグに最適のしつけグッズですよ。

こいぬすてっぷで、子犬のしつけにもう悩まない!